今年も始まりました。
皆様は、正月をいかがお過ごしでしたか。

今年初めの本は、おめでたい富士山の写真にしました!

「(Fujiyama)永遠の富士山」(太田裕史/ 発行:みらいパブリッシング/星雲社)です。

親父の月命日が12月で、年末に墓参りに御殿場に行くのが恒例になっているのですが、先日のは特に富士山が長時間きれいに見え、山の紅葉とも素晴らしく映えていました。日本人として、勇壮な富士山は心を躍らされます。
泰然とした山、雪をがぶった綺麗な姿、気持ちが良いものです。

この写真集の富士山には撮影した場所と日時とコメントがそれぞれついています。写真からもですがコメントから本当に富士山が大好きで素晴らしい光景に巡り逢えた喜びの思いを感じて何だか嬉しくなりました。もしかしたら記載されている時期のその場所に行くと自分も体験できるのかもしれないとワクワクもしました。
年の始めに、そんな富士山の写真を見て心が晴れやかになれればと思っています。