満開だった金木犀も秋の台風でだいぶ散ってしまいました。ひと月前は猛暑だったのが嘘のように季節は移り変わっていますね。
Go To トラベル、 Go To キャンペーンなども始まりましたので、外出するのもいい季節です! コロナ禍以前のように楽しむのは少し心配だなぁ、まだ遠くへはお出かけし辛いなぁというの方に今月の本をおススメします!(東京近郊在住方向けでスミマセン!)

10月おススメの本は「ニュー東京ホリディ旅するように街をあるこう」(杉浦さやか/祥文堂)です。
2003年に出版された「東京ホリディ」の続編で、優しい作風の人気イラストレーターさん自らが東京のおしゃれスポット・美味しいお店を紹介しています。

写真も所々に有りますが、可愛い絵と温かなイラストに心がホッコリ。
人の脳は視覚による情報の分析に長けていて、高画質や密度のある情報をその時の体調や必要の状況に応じて解析を自動で行うそうですが、いくら自動判定するとはいえ常に写真や高画質の映像・スマホなどの発光する画面に接していると脳は疲れてしまいます。
イラストでの紹介は情報も押し付けるものではなくて、どうですか、こんなモノも有りますよと囁かれている様で安心感を感じさせてくれて、読み進めると穏やかな気持ちになってくるような気がします。

私は最初の散歩準備とおでかけグッズがとても参考になりました!
私は気の向くまま思いついたら即出かけてしまい、アレが足りないと準備不足だったと反省する事も、コレを読んでいたら困らなかっただろうな〜と思い出して笑ってしまいました。

お出かけの際はコロナ感染防止対策を心がけて、密を避けて、ゆったりのんびりお楽しみくださいね。