暑い日が続いていますね。開催しても賛否ある東京オリンピックですが、日本はメダル獲得過去最多記録だそうです!嬉しい気持ちでその神業的姿に高揚感やワクワク、感動を得られ、元気と活力になっていますが、皆さんはいかがでしょうか。

さて8月おススメの一冊は当治療院定番の辞典シリーズ、

日本カンパニーキャラ&シンボル大全( 辰巳出版株式会社)です。

お馴染みのキャラクターが誕生時の姿と現在までのデザイン変遷とともに紹介されてとても興味深い内容です。

道頓堀看板のグリコのゴールインマークは現在7代目ですが、私が大阪在住の頃は4代目、あの頃は若かったな〜と懐かしく思いました。スタイル良くハンサムになったのは今の平成世代と同じですね。

男の子だと思っていたキャラが女の子だったり、初代からかなり変わっているものも。花王の三日月マークは左右逆向きに、森永製菓のエンゼルマークは上下逆に、デザインリニューアルされた理由がゲン担ぎだったり。人気が出て周知された商品のキャラ名が会社名になるなど、 由来や成り立ちを知ってビックリしたり感心したり、 それぞれ、意味や歴史が有る事を知ることが出来、勉強になりました。

ちなみに、当治療院のロゴマークは、私が中学生の頃に自分の顔を簡単に書いたらこんな感じかなぁ〜と描いたものが元になってるんですよ。